介護を始めてから六本木のカイロプラクティックに通っています

介護の仕事を始めて3ヶ月くらい経ったある日、急に腰が痛くて動けなくなりました。
それまで腰を痛めたことなんてなかったので本当に驚いてしまいました。
娘がちょうど家にいたので、なんとか車まで運んでもらい病院に行ったんです。
診断はぎっくり腰。
名前はよく聞いていたけど、まさか自分がなるとは思ってもみませんでした。

その日は当然仕事を休んで、家で安静にしていました。
トイレに行くくらいはできましたが、家事なんかもできずに本当に不自由でした。
1週間くらいして仕事に復帰したのですが、介護をするときの無理な姿勢が原因なのだとはっきり分かったんです。
同僚には同じように腰痛に悩まされている人も多いらしく、オススメのところを教えてもらいました。

六本木のカイロプラクティックなのですが、ぎっくり腰にも効くとのことで行ってみたんです。
聞いてみると、やはり介護職の人はよく来るらしく、常連さんも多いようです。
腰をいわせるなんて、重たいものを運ぶ人やデスクワークの人だけかと思ってました。
でも、考えてみれば介護って結構無理な姿勢も多いので、知識がないと余計に身体を壊します。

正しい体重移動や、介助の仕方を知らないとぎっくり腰どころではないと思い知りました。
なので、あれ以来勉強して介護技術を上げました。
今では以前のような激痛に襲われることはなくなりました。
やばいかなと思うときはカイロプラクティックに通うようにしています。